スペインのセビリアにあるオーディオビジュアルプロダクションBlow Studioによって制作が進めれているムービー『PROJECT SHELL』今回はその内容とVFXメイキングをご紹介。

 

ストーリー(適当翻訳)

2086年、「Project Shell」と呼ばれるサイバークローン社会を作り出すプロジェクトに志願してベース市民となったケイト・ソリン。しかし、そのプロジェクトがケイトの運命を決定するとは夢にも思っていなかった。

西部連合はサイバークローンの製造こそが自由で平等な社会を作る架け橋になると宣言するが、クローンは奴隷として生まれてきたこと、その役割に抗い戦おうと考えはじめる。

やがて、暴動が起こりクローンたちはどんな手段を使ってでも脱出しようと反乱を開始。この暴動を阻止し逃亡したクローンを回収するため、西部連合は対クローン専用警察部隊としてCHD(クローンハンターディビジョン)を組織する…

 

けっこう本格的な感じだ。でもよく見ると登場人物(主要キャラクター)は1人。低予算だとは思うがコンポジットやDIにも力が入っていてクオリティは高い。

 

撮影風景&デザイン

 

 


 

VFXメイキング

 

噴射口から排出されるヒートディストーションも良い感じ。

 

これは近未来社会の定番。

 

詳細は特設ページをチェックしてみてくれ  →  PROJECT SHELL

 


 

最後に気になったBlow Studioのトップページにもあるクールなこのショット。

 

元ネタがミスターホワイトのこれだったら嬉しい。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://rgsw.net/topic/projectshell/trackback/