9月14日に公開予定の映画『白雪姫と鏡の女王』(原題:Mirror Mirror/ターセム・シン監督)は今年惜しくも亡くなられた石岡瑛子氏の遺作となる作品でもある。ターセム監督のゴージャスな世界観と石岡氏が手がけるパンチの効いた衣装デザインのコラボもこれで見納めかと思うとなんだかせつないぜ…

 

今回は同作品のオープニングムービーとVFXメイキングをそれぞれご紹介。本オープニングムービーを制作したのは2006年に設立されたSOHOベースのVFXスタジオone of us。カメラワーク、ライティングが素晴らしく、このままこのアニメーションムービーが始まるのではないかと思ってしまうくらい完成度の高い仕上がりとなっている。

 

 オープニングムービー

Director: Ben Hibon
Post Production: One Of Us Ltd.
VFX Sup: Dominic Parker

 

 クリムトの絵画みたいだ。

 


 

VFX ビーストメイキング

 

一方こちらのビーストメイキングはおとぎ話のテイストとはかけ離れたリアルな描写で描かれている。このVFXを担当したのはフィル・ティペットによって1984年に設立されたTippet Studioだ。クリーチャー制作とアニメーションに定評のあるスタジオで映画ジュラシック・パークではアカデミー賞を受賞している。

 

 

 

ドラゴンタイプのビーストのようだが、完成形に至るまでのプロセスがわかりやすく説明されている動画だ。造形もユニークだが、架空の生き物をこれだけ活き活きと動き回らせるアニメーションスキルには本当に驚かされる。

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://rgsw.net/topic/mirrormirror/trackback/