大友克洋氏の『AKIRA』と言えばサイバーパンク・アニメーションの金字塔として日本以上に世界で人気のあるタイトル。今回は、Junction Point Studiosでコンセプトアーティストとして活躍するJLWが描いた『AKIRA』のデジタルペイントをご紹介。作品の持つ近未来の退廃的な空気感がうまく演出されている。

 

金田 正太郎

 

ジョーカー

 

ネオトーキョーを激走するバイク このテールランプが歴史を作った?

 

鉄雄がクラッシュしてバイクごと炎上

 

アーミー

 

島 鉄雄

 

http://projectakira.blogspot.jp/

 

 

そういえば、レオナルド・ディカプリオの制作会社で実写版が進行中だったはずだが、どうなったんだろう。

今年のはじめのニュースはこんな感じ  →  ハリウッド実写版『AKIRA』が、またも製作延期に……

 

ちなみに主人公の金田正太郎は映画『トロン:レガシー』のギャレット・ヘドランドに決まっているそうだ。← カッコイイバイクに乗って活躍する主人公ってことなんだろうけど、キャスティングが安易過ぎないか(笑

 

もし、機会があれば英語吹き替えのAKIRAをぜひチェックしてほしい。「ヤマガーター!」(※ガにアクセント)、「テッツーオ!!」(※ツにアクセント)みたいなハイテンションのやり取りが、意外とはまっていて、海外のマニアにもウケている。

 


 

HDニューテレシネ&192kHz 24bitオーディオの最高スペックでBlu-ray化!

高音質で芸能山城組の紡ぎだす音を体感!

さらに、英語版ドルビー TrueHDも収録のインターナショナル版。

 

AKIRA 〈Blu-ray〉
ジェネオン・ユニバーサル

原作・監督:大友克洋

音楽:芸能山城組

出演:岩田光央,佐々木望,小山菜美

価格:2,839円

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://rgsw.net/topic/akira_jlw/trackback/