まもなくDVD/Blu-rayが発売されるアンドリュー・スタントン監督のディズニー映画『ジョン・カーター』。一見モーションキャプチャで制作されていると思われそうなCGアニメーションですが、手付けキーフレームアニメーションのようです。

 

本メイキングシーンを公開したのは当時Double Negativeに所属していたキャラクターアニメーター氏(現在はBlue Sky studios)。以前本サイトで紹介されていた『塔の上のラプンツェル』のメイキングと同じくらいアツい画作りをしています。ただし、『ジョン・カーター』は実写映画なので、調整などではまた別の苦労がありそうですが。

 

ワークフローはまずピクサーから入手したシーンのストーリーボードと撮影素材をチェック。それをベースにキャラクターアニメーションのアイデアをふくらませてリファレンス(Patrick氏本人の演技)を制作。そこからブロッキングアニメーション(タイミングなどをとるために最初につけるラフなアニメーション)を作成。キーフレームをブラッシュアップしながら完成ショットにもっていくという流れでしょうか。

 

アンドリュー・スタントン監督とも意見交換しながら制作は進められ、あるシーンでは“蹴飛ばすカット”が、Patrick氏の提案した“必死に赤ん坊を取り返すカット”に変更されたようです。

 

 

 

こちらは別カットの演説シーン。

 

紹介しておきながら実はまだ未見なので、Blu-rayが出たらチェックしてみようと思います。

 

こちらがPatrick Giusiano氏のアニメーションリール(『ジョン・カーター』、『宇宙人ポール』)。

 


 

ジョン・カーター DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

監督:アンドリュー・スタントン

出演:テイラー・キッチュ,リン・コリンズ,サマンサ・モートン,マーク・ストロング,キーラン・ハインズ

価格:2,928円

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://rgsw.net/news/johncarteranime/trackback/