トランスフォーマーなら日本だって負けてない! というわけで今回ご紹介するのは、CGデザイナーEske氏が作成したオプティマスプライム!ではなくて、ジンライ司令官です。コンボイやらジンライやらの説明はこちら  → 歴代総司令官

 

Mayaでスーパーセットアップされたこのジンライは、Mental RayとEske氏自身が開発したシェーダG Shader でレンダリングされているそうです。Mental Rayってシェーダや設定が多すぎ&ややこしいのもあって敬遠されがちなレンダラですが、このG Shaderは設定が簡単にできるというのが特徴のようです。マニュアルもスッキリとまとまっていていいですね。これなら挫折しなさそうだ。

 

マニュアルはこちらから  →  マニュアル

ダウンロードはこちらから  →  G Shader

 

 Mayaによるリギング

 

ワイパーやらサスペンションやら細かいコントロールの数がスゴイ。パーツはいくつあるのだろう。

 

 

変形アニメーション&レンダリング with g Shaders(テストシーケンス)

 

うーん、これはテンション上がる↑↑

Mental Ray ブームがくるかも。

 

 

こちらが最新の状態のようです。

 

詳しくはEske氏のブログで  →   ヲドリテヒヅル

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://rgsw.net/news/cgginrai/trackback/