©2012 *lenadrofranci

 

ブラジルのサンパウロに在住のデジタルアーティスト レアンドロ・フランシー氏(Leandro Franci )によって描かれた特徴あるアニメキャラクター。やや欧米ナイズされているものもあるがどれも特徴を上手く掴んでいるように感じます。

 

惣流・アスカ・ラングレー、綾波レイ、葛城 ミサト(新世紀エヴァンゲリオン)。似てる似てないはさておき、雰囲気は出てます。

 

「何の3Dツールを使ってるんだ?」という質問がよくあるらしいのですが、基本はすべてPhotoshopとIntuos 3を使用したハンドドローイングのようです。ただし、独自カスタマイズしたPhotoshopブラシ(スモーク、ダスト、光、ヘアなどの各種用途に使用できるもの)をたくさん持っており、さらに、After Effectsでカラーコレクションを行なって仕上げることもあるとのこと。

 

以前紹介したIvan Sanchez氏もAfter Effectsで仕上げを行なっているようでしたが、最近のトレンドなんでしょうか。

→  LightWaveで造る3Dガンダム開発プロジェクト『アナハイム マシーンズ』

 

 キティ・プライド(X-MEN)

 

マリンさん (聖闘士星矢)

 

上:セーラー戦士たち(美少女戦士セーラームーン)、下:セーラーマーキュリーが好きでした。なつかし〜。

 

その他の作品はこちらから  →  ギャラリー

 

キャラがアジアンテイストになる理由はよくわからないが、「もしかしたらアジアンガールが好きだからかもしれない」とレアンドロ氏。たしかに東洋っぽいテイストのキャラが多いですね。セーラーサターンのメイキングチュートリアルでは、その制作手法が公開されていたのでご紹介(※簡易翻訳です)。

 

 詳細はコチラ →  Tutorial – Sailor Saturn

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

コメントフィード

トラックバックURL: http://rgsw.net/news/animecgchara/trackback/