モデル

3DCGモデルには、代表的なものとしてポリゴン、サブディビジョン、NURBS(ナーブス)があります。RGSW.netで現在販売しているモデルは、すべてポリゴンモデルでデータはOBJ形式のデータになります。プロダクション仕様のFBX形式やその他の形式にも今後対応していく予定です。

3Dモデルファイルフォーマット

基本的にすべて同じフォーマットで使用することはできないので、各ソフトごとでの変換が必要になります。RGSW.netでは現在、OBJフォーマットとFBXフォーマットでのご提供になっていますが、今後は「Blender」を含む様々なフォーマットに対応できるように準備しております。OBJフォーマットでは、ソフトごとに変換が必要になる場合もありますがご理解ください。

 

  • OBJ (Wavefront Object)フォーマット Wavefront社のAdvanced Visualizerというソフト用のファイルフォーマットです。多くのCGソフトがサポートし、CGソフトの中間ファイルフォーマットとして広く使用されています。
  • FBXフォーマット Autodesk FBX データ交換テクノロジーは、3ds Max、Maya、Softimage、 MotionBuilder、Mudboxといったオートデスク社の一連のコンテンツ制作用パッケージ間でスムーズかつ信頼性の高いデータ交換を実現します。
  • 3DS ( 3D Studio )フォーマット Autodesk社の3D Studioというソフト用のファイルフォーマットです。 多くのCGソフトがサポートし、CGソフトの中間ファイルフォーマットとして広く使用されています。3D Studioは、3D Studio ⇒ 3D Studio Max ⇒ 3ds Max と、ソフト名が変わっています。

テクスチャ

テクスチャとはポリゴンなどの面(フェース)に画像を配置するために使用する画像のことを指します。写真やPhotoshopなどで描いたグラフィックをUVに合わせて配置します。RGSW.netでは販売しているすべてのモデルに対してテクスチャが付属しています。

UV

UVとはポリゴン等にテクスチャを貼り付けるための画像の住所のことです。RGSW.netで販売しているOBJ形式のファイルフォーマットでは、UV情報は含まれていませんので、ご使用のソフトによっては、UVを作成する必要があります。※プロダクション仕様の形式(.mbや.fbxなど)の場合は問題ありません。

セットアップ

通常、キャラクターモデルにポーズを付けたり、アニメーションをさせるためには3DCG用語で『セットアップ』と呼ばれる作業を行う必要があります。簡単に言うなら、ボーン(人間で例えるなら骨にあたる部分)などをCGモデルに設定することで、筋肉や表情を動かすための仕組みづくり全体を指します。ボーンを深く階層分けすることで、微調整にも対応できます。

ポリゴンの面の分割が少ないとカクカクになります ポリゴンの面の分割が多いとスムーズになります

図のように、ポリゴンを増やせばスムーズにはなりますが、PCへの負荷は高くなるので注意が必要です。

アニメーション

3DCGにおけるアニメーションではまずオブジェクトにボーンを配置します。そしてそのボーンの関節を移動や回転でコントロールして、時間の進むポイントに固定のキーを付けて再生するとアニメーションになっているというわけです。フェイシャルアニメーションはボーン以外にマスターオブジェクトと変更をかけたいセカンドオブジェクト等を用意してコントロールします。

レンダリング

アニメーションを付け終わると次はレンダリングを行います。レンダリングとは光の反射や影等を通常のパース作業画面では表現できない部分をしっかりとした画像にすることで、動画では通常1秒間に30枚の画像を作ります。レンダリングソフトも会社ごとに違っていて現実に限りなく近いクオリティを出せるものや、そこそこのクオリティだが時間が掛からないものなど、それぞれに得意な分野があります。

3DCGソフトについて (内容は随時更新していきます)

3DCGソフトにはエントリーからハイエンドクラスまで様々な種類があり、フリーウェア、シェアウェア、有償版があります。 以下に代表的なものを挙げています(詳しい内容を知りたい方はリンク先の各ソフトウェアの詳細ページでご確認下さい)。 ※各ソフトのご利用方法などについて、弊社ではお答えできませんのでご了承ください。

エントリー(初級者向け)

  • Google SketchUp(グーグル スケッチアップ):フリー/シェアウェア。グーグル社が開発・提供している。
  • Metasequoia (メタセコイア):フリー/シェアウェア。国産の3Dポリゴンモデラー。サブディビジョンにも対応している。
  • MarbleCLAY (マーブルクレイ):フリーウェア。国産の3Dモデリングソフト。
  • MMD(エムエムディー):フリーウェア。3D初音ミクの振り付け用ツール。
  • DoGA CGA system(ドーガ シージーエー システム):国産の3Dアニメーション制作ソフト。
  • 六角大王:フリー/シェアウェア。国産の3DCGソフト。
  • Animation Master (アニメーションマスター):スプラインベースの3DCGソフト。
  • POSER(ポーザー):あらかじめ用意された人物に自由なポーズや表情を付けられる3DCGソフト。

ミドルエンド(中級者向け)

  • Shade(シェード):ベジェ曲線を用いてモデリングを行える国産の3DCGソフト
  • STRATA(ストラタ):Adobe製品に近いユーザインタフェースと、レイトレーシングに定評がある3Dソフト。
  • CARRARA(カーララ):モデリング、アニメーション、レンダリングが一体となったミドルエンドの3Dソフト。
  • LightWave 3D(ライトウェーブ):モデリング、テクスチャを設定する「モデラー」とアニメーション設定しレンダリングする「レイアウト」という2つのソフトで構成されている。
  • CINEMA4D(シネマ フォーディー):日本では主に建築パースの制作に使用されている3Dソフト。レンダリングスピードが速いことが特徴。
  • Blender(ブレンダー):フリーにもかかわらずハイエンドに劣らない高機能・高性能ソフト。
  • modo(モド):スカルプティングも行える3DCGソフト。

ハイエンド(上級者向け)

    以下のハイエンド統合型3Dソフトはいずれもオートデスク社から販売されている。

  • Softimage(ソフトイマージ):旧XSI。映画のVFXやゲーム制作などで使用されている。アニメーションに定評がある。
  • 3ds Max(スリーディーエス マックス):建築ビジュアライゼーションで使用されている。サポートする豊富なプラグインが特徴でエフェクトに定評がある。
  • Maya (マヤ):ハリウッドをはじめとする様々な映像制作現場で使用されている。VFX分野では特に支持されている。

スカルプティングソフト (粘土をこねるようにモデリングできるソフト)

  • ZBrush(ゼットブラシ/ジーブラシ):クリーチャーなどの細かいリアルなディティールがある造形物を制作できるモデリングソフト。
  • Mudbox(マッドボックス):オートデスク社製のスカルプティングソフト。